皮膚科・外科・美容皮膚科のはる皮フ科クリニック はる皮フ科クリニックトップページへ

  • クリニック案内
  • 保険診療
  • 自費診療
  • 料金表
  • はる通信
  • リンク

フォトRF(SR・SRA・脱毛)

フォトRFとは

フォトRFとは

フォトRFは、APL(advanced pulse light)とRF(高周波)を組み合わせることで肌の奥深くまで安全にエネルギーを浸透させることができる、理想の美肌治療器です。

しみ、そばかす、赤ら顔を改善するだけでなく、肌のハリ、毛穴の開き、たるみ、小じわにも効果を発揮します。 施術時間も短く、肌へのダメージも少ないので、治療後すぐに洗顔やメイクをしていただけます。

施術直後からお肌のハリが実感でき、回数を重ねるごとに透明感のあるぷるぷるのお肌に近づきます。

この治療法は1回ですべての症状を改善するのではなく、何回か治療を重ねることにより少しずつ症状を改善させるものです。

こんな方にお勧めです

  • しみ
  • そばかす
  • 赤ら顔
  • 毛穴の開き
  • たるみ
  • 小じわ
フォトRFの新機種を導入しました。
症状やお肌の状態により細かな設定変更が可能になり、効果はそのままで、痛みが大幅に軽減、お肌への負担が軽くなりました。
料金に変更はありません。

フォトRF料金表はこちら

フォトRFアドバンス(SRA)とは

SRAアプリケーターフォトRF治療中の方で、「うすくなったしみをさらにうすくしたい」とい方にお勧めです。従来のフォトRFとは作用分布と強度が違い、よりうすい色調のしみに効果を発揮します。フォトRF本体のアプリケーターをかえるだけで、施術方法は従来のものとかわりません。

※ フォトRFで反応が良好な方や、目立ったしみがなくお肌のコンディショニングを目的としている方は、引き続き従来のフォトRFをご利用ください。

フォトRF料金表はこちら

フォトRFをお受けいただけない方

日光過敏症、悪性腫瘍(またはその疑いのある方)、HIV陽性の方、妊娠中、授乳中、心疾患、出血性疾患、ひどい日焼けの方、人工的に皮膚を着色している方、治療部位に傷跡・ケロイドのある方、ペースメーカーや金属プレートを入れている方は、状況により治療が受けられないことがありますので、ご相談下さい。 ※ 肝斑はフォトRF照射により悪化するとされていますが、当院では著効例も経験していますので、肝斑の治療方針はカウンセリング時ご相談させていただきます。

このページの先頭に戻る

脱毛治療

脱毛治療

当院では、「フォトRF」による脱毛を採用しています。
従来の「レーザー脱毛」より効果が高く安全で副作用もほとんどありません。

「レーザー脱毛」

エステサロンなどで行われているのは「レーザー脱毛」ですが、レーザー脱毛では黒い毛にしか反応しないため、 「産毛」「あまり黒くない毛」については十分な効果は得られません。
また、毛からの放熱により毛包周囲が温度が上昇、エネルギーが減衰するため、深いところにある毛球部には十分なエネルギーが到達しにくいため、 皮膚の深いところに生えている毛に対してはあまり効果的ではありません。

「フォトRF脱毛」

フォトは「光」、RFは「高周波」の意味を表しています。 毛は「高周波」を通さないため、「高周波」は毛を避けて流れていきます。
そのため、毛の周りの組織では高周波エネルギーが高くなり、毛の再生細胞にダイレクトに熱ダメージを与えます。
「高周波」は皮膚の奥まで到達しますので深いところから生えている毛に対しても効果があります。
「レーザー脱毛」のように黒(メラニン)に反応させてから脱毛するわけではないので、「産毛」「あまり濃くない毛」に対しても効果が得られます。

治療の受けられない方

日光過敏症、悪性腫瘍(またはその疑いのある方)HIV陽性の方、妊娠中、授乳中、心臓疾患、出血性疾患、ひどい日焼けの方、人工的に皮膚を着色している方、治療部位に傷跡、ケロイド、肝斑、ペースメーカーや金属プレートを入れている方は、状況により治療が受けられないことがありますのでご相談ください。

脱毛の料金表はこちら

このページの先頭に戻る

Copyright (C) はる皮フ科クリニック All Rights Reserved.